スポンサーリンク

2009年10月12日

10月1日、名古屋市緑区篠の風で、次男(43歳)が同居している足の不自由な父親(74歳)を暴行したあげくに殺害するという事件が起こった。

先日の記事に記したように家族間の殺人は他人を巻き込む殺人よりは幾分社会に与える影響という点からはマシなものの、やはり悲しい事件には変わりがない。

時事新報
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009101100230

NNNニュース
http://www.news24.jp/nnn/news8625331.html


大きな地図で見る

関連リンク
愛知県警
名古屋市(愛知県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc



↓ブログランキングに参加中↓
クリック頂けると、とても励みになります。

    
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


pat_news at 12:01コメント(0)トラックバック(0) 
愛知県 

2009年10月11日

10月10日、新潟県村上市羽黒町で父親(会社員。55歳)が息子(会社員。22歳)を包丁で腹部を刺し、結果的に出血性ショックで殺害するという事件が起こった。

動機などはまだ解明中とのことだが、この父親、会社員の息子、知人の未成年女性の3人で口論中に事件は発生したという。

詳細は次のリンク記事から
<時事通信社> 
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009101100014

<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091011/crm0910111039005-n1.htm


大きな地図で見る


個人的見解としては、「親が子供が殺す」、「子が親を殺す」(かつての尊属殺)ということは殺人事件として当然許し難く忌むべきことではあるのだが、比較対象が「家族が他人を殺す」となった場合に限っては随分マシな行為にも思えてくるから不思議な話である。

つまりは家族間の殺人は家族崩壊のみで済む話だが、家族が他人を殺害(その逆もしかり)すると、2つの家族が不幸になるということだ。しかも生き残ったものが背負う因果を考えると、その影響は乗数効果を越えたものとなってしまう。

もちろん殺人事件そのものが人間の尊厳を全て奪うという、この世にある数少ない絶対悪に数えられる行為であることには違いないことを改めて記述しておこう。


関連リンク
新潟県警
村上市(新潟県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc






↓ブログランキングに参加中↓
クリック頂けると、とても励みになります。

    
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


pat_news at 12:32コメント(2)トラックバック(0) 
新潟県 

2009年10月10日

9月21日に大阪市都島区東野田町(京橋地区)において、まず路上で口論が起こり、続けざまに雑居ビル1階で相手に殴る蹴るの暴行を繰り返したのに加え、地下の階段の下まで突き落とした結果、飛田修さん(62)を殺害した事件の犯人がつかまったそうです。

なお、逮捕されたのは門真市の内装解体工の男(
山岡一容疑者(34))であり、容疑と殺意があった点を認めているということだ。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091009/crm0910091149009-n1.htm

日刊スポーツ
http://nikkansports.co.jp/general/news/f-gn-tp0-20091009-553656.html


大きな地図で見る


最近の路上で口論になったあげくの殺人事件を思い返すに、基本的に因縁(いちゃもん)を付けられた場合はすぐさま謝って早足で逃げ去るのがベターと思われる。特に繁華街の場合は人混みに紛れるのが良さそうだ。
むろん無差別殺人も発生する世の中ではあるが、因縁(いちゃもん)→反論→暴行→殺人というパターンの場合は、「反論」の部分を謝罪+早足で立ち去り人混みに紛れるだけで、逃れることが出来るケースも出てくるだろうだ。

<関連リンク>
大阪府警
大阪市(大阪府)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc



↓ブログランキングに参加中↓
クリック頂けると、とても励みになります。

    
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


pat_news at 12:36コメント(0)トラックバック(0) 
大阪府 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング