2010年09月


スポンサーリンク

2010年09月07日

埼玉県加須市諏訪1丁目のファミリーレストラン「デニーズ加須店」において、2010年9月6日午前10時20分頃、28歳の男が、同席していた59歳の男性を包丁で刺すと言う事件が発生した。
加害者の包丁男は止めに入った56歳の父親を複数回に渡って刺し、父親を殺害するに至っている。最初に刺された59歳の男性も逃がれたものの胸などを刺されており重体。
加害者と被害者たちは5人連れでボックス席に座っていたという。

なお加害者の男は埼玉県警加須署員によって現行犯逮捕されている。

関連ニュース記事
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/100906/stm1009062057009-n1.htm


日中のファミレスで起こった凄惨な事件で恐ろしいというしかない。残念ながら殺人容疑者の父親は殺害されるに至ってしまったものの、もう1人の被害者についてはなんとか命を取り留めてもらいたいものである。
確かに父親と息子、家族間の出来事ならばまだマシとも言えるのだが、今回のケースは誰もが気軽に利用する町のファミレスで起こった包丁を持ち出した流血殺人事件であるだけに、まったく許しがたい性質の事件言える。この町に、住民に与えた社会的な影響は計り知れないものがあるだろう。

そもそも包丁を持ち歩くような精神状態はその時点で普通ではない。大げさなことを言えば、このようなことが続くようでは町中に金属探知機が付けられ、購入した直後で厳重に包装された刃物以外を不自然に所持しているような場合は即逮捕可能にするなどの対策が必要になってくるかもしれない。




pat_news at 01:00コメント(1)トラックバック(0) 
埼玉県 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング