スポンサーリンク

2009年11月30日

栃木栃木の父親刺殺および証拠隠滅の放火事件

11月25日、栃木県栃木市大町で25日、県立高校教諭の男(55歳)の家が全焼し焼け跡から家主と見られる遺体が見つかった。

その遺体に刃物で斬られた傷があったことから殺人事件に発展し、結果、殺人容疑で長男の日本大学4年生(22歳)佐山貴洋容疑者(埼玉県三郷市高州に在住)が逮捕された。
事件の顛末は、25日午前5時頃、1階居間で刃渡り15センチの包丁で被害者(父親)の胸や腹を刺し、殺害したというもの。さらに灯油をまいて火を付けたという。

動機は加害者(長男)の金の使い方や交友関係に対して、被害者(父親)小言を言われたのに腹を立てたからだという。


大きな地図で見る

事件に関する新聞記事は次の通り。
<時事新報>
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200911/2009112600915
<下野新聞>
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20091128/241320


まったく感想を述べるのも難しいくらいどうしようもない子供と考えざるをえない。
大学に通っているのも生活しているのも普通に考えれば父親いたればこそにも関わらず、平気で殺害し更には証拠隠滅か幻日逃避が知らないが、自宅に灯油をまいて燃やしてしまう。
ちなみに母親は既に死別しているらしく、他に兄弟がいる情報もないので、これでこの殺人および放火容疑者は天涯孤独となってしまうわけだ。
これはどう考えれば、このような犯罪を犯してしまったのか論理的な説明は困難と言わざるを得ないだろう。

むろん〜よりマシの理論を挙げれば、直接的な被害が父親および自宅に起結し、他には飛び火しなかったことが挙げられるのは間違いないのだが、なんとも言えぬ短絡思考の恐怖を感じざるをえないのだ。

関連リンク
栃木県警
栃木市(栃木県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


↓ブログランキングに参加中↓
クリック頂けると、とても励みになります。

    
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


スポンサーリンク

pat_news at 12:38コメント(0)トラックバック(0) 
栃木県 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング