スポンサーリンク

2010年03月10日

埼玉越谷の放火殺人未遂の心中未遂。72歳の夫が借金から家を焼く

2010年3月8日午前2時15分ごろ、埼玉県越谷市袋山の自宅を放火し、70歳の妻と45歳の次男を殺害しようした72歳の夫が殺人未遂容疑で埼玉県警越谷署に逮捕された。

3人暮らしの家族だったが容疑者には多額の借金があり、それが動機となって一家心中をもくろむに至ったという。なお放火当時、妻と次男は寝ていたが物音などから火事に気づき、リビングで灯油をまいて火を付けていた容疑者の犯行にも気がついたという。二人はのどに軽度の火傷を負った程度の軽傷とのこと。


大きな地図で見る

関連ニュース記事は次の通り。
MSN産経ニュース:http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/100309/stm1003092040006-n1.htm


この放火殺人未遂が行われた現場の状況というものはよくわからないが、放火というのはもっとも許しがたい犯罪の一つであるからして、どうにも同情するには無理がある犯罪といえる。
放火が許しがたい理由は何にせよ赤の他人に多大な迷惑をかける可能性が高いからだ。
それにしても今回の容疑者はこの70過ぎて、このようなことを為出かし、ついには住んでいた家も自ら焼いてしまうという愚行としかいいようがない行為におよんでしまった。皆大きな怪我もなく生き残ったからまだしも良かったものの大怪我で生き残ってしまったらどうするつもりだったのだろうか。当然火災保険が降りるどころか逆だ。いずれにせよ命は助かったのだから、再起を期待するしかないのだが、実際問題年齢が行っている。このような家族間の心中未遂で家まで失った場合、その後はどうなるのだろうか・・・、なかなかこの手の情報を得ることはできないのだが。





↓ブログランキングに参加中↓
クリック頂けると、とても励みになります。

    
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


スポンサーリンク

pat_news at 00:38コメント(0)トラックバック(0) 
埼玉県 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング