スポンサーリンク

2010年03月22日

岩手盛岡の母が小学5年の息子の首を絞める殺人未遂

2010年3月19日23時頃、岩手県盛岡市南仙北1丁目の自宅において、39歳の母親が寝室で就寝していた11歳の長男の首にひものようなものを巻き付けて殺害しようとする事件が起こった。

長男は意識不明の重体。20分後に帰宅した44歳の父親がグッタリした長男に驚いて119番し、岩手県警盛岡東署によって、母親は殺人未遂罪で逮捕されるに至った。殺意も認めているという。


大きな地図で見る

関連するニュース記事は次の通り。
河北新報:http://www.kahoku.co.jp/news/2010/03/20100320t33041.htm


家族間の事件は被害が他人に及ばないのでマシとは思うのだが、母親が小学生の子どもを殺害しようとする行為については、まるでそのような事件の比較をすること事態が罪深く思えるくらい悲しい事件だ。

そもそも寝室で寝ていていきなり母親に絞殺されそうになるという状況は誰もが想像するだに拒みたくなるような悪夢ではないだろうか。現実となってしまった被害者の心情はいかほどのものだったか。

どうしてこのようなことになってしまうのか。愛から生じる自傷近い感覚なのか?、それとも逆なのか? まったく理解しがたいことだが、動機の解明を期待するしかないだろう



↓ブログランキングに参加中↓
クリック頂けると、とても励みになります。

    
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


スポンサーリンク

pat_news at 23:52コメント(0)トラックバック(0) 
岩手県 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング