スポンサーリンク

2010年03月25日

藤沢片瀬の目があったから赤の他人を刺す殺人未遂

2009年8月2日22時頃、神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目のコンビニ駐車場で、30歳男性が背中などを複数回にわたって刃物で刺され一ヶ月の怪我を負わされるという事件があった。

事件について、藤沢署が目撃者情報などをもとに調査していたが、2010年3月24日になって宮木大輔容疑者を殺人未遂容疑で逮捕した。容疑も認めているとのこと。

二人には面識はないが、目があったということからトラブルになったという。現場は国道134号線沿いだった。

大きな地図で見る
関連するニュース記事は次の通り。
日経新聞:http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C889DE2E6E4E3E7EBE6E2E0E7E2E1E0E2E3E29191E2E2E2E2;at=ALL


もっとも忌むべき事件だ。
というのは赤の他人に対してほとんど希薄な理由で刃物で刺すような事件だからだ。
刺された方はまるで意味がわからないし、そもそもその宮木容疑者が刃物を持っていることから意味がわからないが、更に目があった程度で刺すというその思考の流れが全く意味がわからない。
少なくともこのような容疑者に対しては、その意味が皆に理解されないうちには社会に解き放つべきではないだろう。





↓ブログランキングに参加中↓
クリック頂けると、とても励みになります。

    
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


スポンサーリンク

pat_news at 23:31コメント(0)トラックバック(0) 
神奈川県 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング