福岡県


スポンサーリンク

2010年03月17日

2010年3月17日午前6時過ぎごろ、福岡県柳川市佃町の市営養護老人ホーム「柳光園」において、入所者の69歳、友添治容疑者が74歳の女性、70歳の男性、81歳の女性を次から次へと果物ナイフで刺すという事件が発生した。

福岡県警柳川署は容疑者が殺意を認めたため殺人未遂容疑で逮捕した。
容疑者は一方的に74歳女性に好意を抱いていたらしくそれがもとでトラブルになった模様だ。その74歳の女性は左胸を刺されるなどもっとも重傷の模様だが、幸い全員命には別条はないという。
事件が起きた老人ホームには45人が入所しており、4月には財政難により民営化される。

大きな地図で見る
関連ニュース記事は次の通り
西日本新聞:http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/159070


老人ホームも一種のコミュニティには変わりない。ゆえにトラブルが発展した殺人事件が起こらないとは言えないのだが、3人も刺してしまうという異常な方向に向いた行動力には恐怖するしかあるまい。
被害者全員の命に別条ないというのは奇跡的ではないだろうか。本当に幸いだった。
容疑者には刑務所で少しでも罪を服してもらいたいものだ。刑務所もまだまだ高齢とも言い難く全く身勝手な重罪を犯した容疑者に対しては適切に懲役を科すべきだろう。



pat_news at 23:26コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月05日

2010年3月2日15時頃、福岡県八女郡広川町の自宅マンション(6階建ての3階)のベランダから48歳の農業を営む父親が二歳児の息子を投げ落とすという事件が発生した。

7メートル下の駐車場へ投げ捨てられた二歳児は頭を強くうつ重傷だが命には別条はないとのこと。

八女署は父親を殺人未遂容疑で逮捕している。


大きな地図で見る

関連するニュース記事は次の通り
読売新聞:http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100303-OYS1T00175.htm

可愛くて仕方がないはずの子どもを7メートルの高さから投げるなんて常軌を逸した行動といわざるを得ない。本当に幸いなことに子どもが無事だったことだっただけが救いだ。
この父親の精神状態は知らないが、どんな状態だったからといって許されることと許されないことがあるのだ。そのあたりが世の中、忘れ去られつつあるのだが、それではとても成り立たない。
とにかく理解不能な事件だ。

関連リンク
八女署
広川町(福岡県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 01:11コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月23日

2010年2月20日17時5分ごろ、福岡県大木町絵下古賀において、69歳の男性から男に拳銃でで足を撃たれた旨の110番通報があった。怪我の男性は銃弾が貫通するなど数発撃たれる重傷だが命には別条はないとのこと。

拳銃で撃たれ怪我を負った男性は元福岡県警警察官であり、退職後は大牟田市役所で暴力団関係者への対応係を担当していた。

事件現場からはバイクが久留米市方向へ走り去るという目撃者情報などもあり、福岡県警大川署は殺人未遂容疑で事件容疑者を追っている状況だ。


大きな地図で見る

関連ニュース記事は次の通り。
47ニュース:http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022001000646.html


仕事柄危険を伴う人たちは本当に筆舌に尽くしがたい本当の修羅場
をかいくぐって来ている場合も多いだろう。
この事件も何らかの逆恨みで拳銃で襲われたと考えるより仕方があるまい。
本人を狙ってくれているのでまだ良いのだが、これが周囲の人間の安全が脅かされるようになるようでは法治国家として健全とは言い難い状況にもなりかねない。
福岡県警および大牟田市役所は全力をもって、本事件の犯人を割り出し、逮捕しなければならない。



関連リンク
福岡県警
大木町(福岡県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 23:37コメント(1)トラックバック(0) 

2010年02月21日

2010年1月21日の午前1時ごろ、北九州市小倉北区霧ケ丘付近の路上において、
18歳と17歳の少年が乗る2台のバイクに対して、34歳の男が後方から車で追突し、バイク二台を点灯させて、
18歳少年が殺害されるという事件が起こった。17歳少年も頭を打つ軽傷。

殺意を認めたこともあり、福岡県警小倉北署は男を殺人容疑などで逮捕した。

容疑者は前方を走るバイクの蛇行運転などの迷惑行為に憤りを感じ犯行に及んだという。

関連するニュース記事は次の通り。
時事通信:http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010022100165


暴走行為が許しがたい反社会的行動であるのは異論はない。
しかしだからといって、そのような事に対して殺意で応じてしまうのは全く筋違いとしか言いようがあるまい。

関連リンク
福岡県警
北九州市(福岡県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 20:27コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月15日

2009年1月13日、アトピー性皮膚炎が悪化し細菌に感染した7ヶ月の長男を医療機関で適切に処置させず殺害してしまった罪で、父親の高月秀雄容疑者(32歳)と母親の邦子容疑者(30歳)が殺人容疑で逮捕された。

容疑者たちは福岡市東区内に本部がある宗教団体「新健康協会」の職員。
福岡市東区唐原4丁目の自宅において、いわゆる宗教的なパワーで治そうと考えたらしいが、宗教に盲信するあまりに、医療ネグレクト(故意に児童を医者に連れて行かず、児童を苦しめる児童虐待)行為を行い、2009年10月9日、ついには自身の子供を殺害するに至った。

なお他の信者も宗教的な治療を手伝った他、数年前にも複数の信者が同種の事件(医療ネグレクトによる児童虐待)を起こし、生後3カ月、15歳の子供が犠牲になっていたとのこと。当時は宗教団体「新健康協会」の名称は名称変更前で「晴明教」という名前だった。



大きな地図で見る

関連する新聞記事は次の通り
<日経ネット>
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100114NTE2INK0414012010.html
<西日本新聞>
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/146268


親の盲信する宗教にすがった治療法を行いたいがゆえに親の権限で病人を放置し、ついには死に至らしめる。そこにいたるまでは大きな苦しみが継続しただろう。まったくもって残酷な親というしかない。

いわば、雪がふるなか家の中に入れてもらえずに死に至ってしまうという児童虐待と全く同様のケースと言える。

宗教団体は医療機関禁止などは指導はしていないという。しかしこの事件に関して言えば、その宗教団体名が重要になってくる。この宗教団体は「健康」を標榜していたのは明らかとしか言いようがない。完全に想像だが、おそらく何らかの奇跡的な回復を信者に指し示す何かがあったのだろう。

それにしてもこの宗教団体は以前も同様の問題を起こし、その後その問題が契機になったかはわからないが、名称を変えているという。

これは小売メーカーや店、犯罪者などが不祥事が起こる度に名前やブランド名などを変えて同じようなものを売り続ける行為とそっくりだ。(あのオウム真理教も名称変更していたことが思い出される)

この人、法人ひっくるめて、前科のある団体が名称変更する際は、前科を起こした旧名を併記しなければならないなどの法改正の必要性を感じる。むろん旧名は正式名称に付記される形となる。
当然、実態が同一の場合における、解散→新設などの規制も必要だろう。

脱線しているが、宗教というものは信者以外は不幸という考えも危険極まりないのはいうまでもないが、少なくとも信者が幸福でなければ意味があるとは思えないという見解を述べて終了する。


関連リンク
福岡県警
福岡市(福岡県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 10:11コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング