タクシー


スポンサーリンク

2010年02月13日

2010年2月9日16時15分ごろ、高知市内から高知県大豊町寺内の自宅までタクシーに乗って帰宅した62歳の男が、タクシー料金1万数千円の請求に対し、突如として立腹し日本刀で、60歳のタクシー運転手の男性を斬りつけるという事件が発生した。

運転手の男性は逃げ出し110番したため、高知県警本山署が駆けつけ、殺人未遂容疑で日本刀で斬りつけた男を緊急逮捕している。

なお日本刀は摸造刀だったという。また摸造刀で斬りつけたことは認めているが、殺意については否定している模様。


大きな地図で見る

関連する新聞記事は次の通り。
読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100211-OYT1T00274.htm


以下コメント。
これまたタクシー運転手を狙った事件である。

タクシーで長距離移動という面については田舎だから仕方がない面もあるのかもしれない。

しかし1万円を超えるからといって、突然タクシー運転手を刀で斬りつけるというのはまるで理に適った行動だったとは言えないだろう。そもそも1万円で人生を捨てるような行為に何の意味があったのか。

この事件では被害者も軽傷だというので幸いだったが、この手の意味不明な事件が起こる理由がまるでわからない。とにかく容疑者には再犯防止の観点からも、行動に至った経緯を踏まえて反省してもらうしかあるまい。

関連リンク
高知県警本山署
大豊町(高知県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc



pat_news at 01:15 

2009年12月17日

12月15日19時25分ごろ、近距離をタクシーに乗車した男(74歳)が、タクシー運賃を大阪市西成区萩之茶屋の自宅で支払うと言ったにもかかわらず、自宅へ連れてきた68歳のタクシー運転手の腰を包丁(刃渡り20・5センチ)で刺すという事件が起こった。

幸いタクシー運転手は軽傷。容疑者は大阪府警西成署に殺人未遂容疑者で逮捕されている。
容疑者は事件当時酒に酔っていたという。
支払い義務を負ったタクシー運賃はわずか660円だった。

関連する新聞記事はこちら。
<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091216/crm0912160001000-n1.htm


大きな地図で見る


まさに不思議国の犯罪と言わざるしてどう評すればいいのか。
初乗り運賃に毛が生えた程度の近距離のタクシーに乗ったあげくに、自宅でタクシー運転手を包丁で刺すとは、もはや評する次元にもないというしかない。
これは無差別殺人未遂行為に近いことだ。
ちなみにこの容疑者、酒に酔っていたという。当然小銭くらいは持ち合わせているはずなのだ。

タクシーの運転手も660円という超割安な仕事をしたあげくに包丁で刺されたのではやりきれないだろう(もちろん長距離運転させられたあげくに刺された方が悲惨とも言いようがあるが)。これは無銭飲食で逆ギレされてなぜか刺されるようなものだ。
殺人未遂で済んだのがせめてもの救いなのかもしれないが、それしか救いのある言葉が出てこないのだからどうしようもない。


関連リンク
大阪府警
大阪市(大阪府)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


pat_news at 12:47コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング