マンション


スポンサーリンク

2010年03月23日

2010年3月23日午前2時55分ごろ、大阪市天王寺区寺田町の10階建てマンション「グランソシエ寺田町」の1階入り口付近にて 4階の住人の男性(57歳)が腹から血を流して倒れていた。

通行人が119番通報し天王寺署員が駆けつけたものの男性は既に死亡。
凶器は見つかっていない。事件は4階の男性の部屋の前で襲われたと推測されている。男性はその後非常階段を伝って1階に降りたが力尽きた模様。
4階の部屋は施錠はされていないものの財布などは残されており荒らされた痕跡はないとのこと。

関連するニュース記事は次の通り。
47ニュース:http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032301000143.html


大きな地図で見る

恐ろしい殺人事件。何があったかは存じ上げないが都会の喧噪の最中にあって、このような刺殺事件が発生するのも恐ろしい話だ。
それにしても未明に発生した事件とはいえ、多くの人間が住むマンションで事件が発生したにもかかわらず住民たちの間で気がつくものはいなかったのだろうか?
被害者が非常階段から1階に降りた理由を考えてみるが、特にめぼしい推測は立てることができなかった。しかしなぜエレベータホールを使わずに隠れるように非常階段を使ったのかというのも着目すべきかもしれないとは思っている。
いずれにせよいち早い事件の解決を望むばかりだ。


pat_news at 23:20コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング