会社


スポンサーリンク

2010年02月01日

2010年1月29日18時ごろ、 静岡県浜松市北区引佐町の建設会社の社員寮において、59歳の建設作業員の男が29歳の同僚作業員の男を刃渡り12センチのナイフで刺して殺害しようとした事件が発生した。

静岡県警細江署は殺人未遂容疑で59歳の男を逮捕している。ただ容疑者は刺したことは認めているものの殺意は否認しているとのこと。

容疑者は金銭トラブルに見舞われている被害者の仲介役をしていたという。なお被害者は命には別状はないとのことだ。



事件に関する新聞記事は次の通り
<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/shizuoka/100130/szk1001301736007-n1.htm


なにが決定的な契機になったのかはハッキリとはしないので何とも言えないが、社員寮で同僚社員をナイフで刺すというのは普通ではないことだけは確かだろう。
まずこの手の事件のいずれにおいても言えることだが、ナイフを持ち出すなと言わなければなるまい。
殺意を否認しているので、そのあたりの状況がどのようなものだったのかが容疑者にとっての分水嶺になるんではなかろうか。

関連リンク
静岡県警細江署
浜松市(静岡県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 02:03コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月05日

人気ブログランキングへ ←まずはランクアップのためにクリックのご協力をお願いします。


12月3日午後1時半頃、愛知県飛島村新政成にある製鋼会社の会社事務所内において、竹尾昌樹容疑者(29歳)が持っていたナイフ(刃渡り10.5センチ)で、同僚の男性社員(39歳)の首や背中を刺し殺害するという事件が発生した。

近くにいた同僚三名が取り押さえたが、刺された同僚の男性社員は病院に運ばれたが夕方には死亡した。

なお竹尾容疑者は殺人容疑で蟹江署に現行犯逮捕されている。竹尾容疑者は殺意を認めている一方で悪口を言われたなどと意味不明なことを語っているらしい。


大きな地図で見る

事件に関するニュース記事を挙げておく。
<時事通信>
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-091203X644.html
<中京テレビ>
http://www.kry.co.jp/news/news8624871.html


本事件は、日本一金持ちの地方自治体の収入源とも言える沿岸部の工業団地内で発生した凄惨な殺人事件である。

社内でいきなりナイフで同僚社員を殺害するというのは全く想像も出来ない阿鼻叫喚の世界である。

そもそも有り得ないのが、なぜナイフを持ち歩いているのか、という点だ。意味不明な動機をみるに、狂気のような被害妄想にとらわれていたとも安易に想像が付くが、当然、精神が異常だったで済ませられる問題ではない。殺人容疑者は被害者、被害者の家族、会社、地域社会に対しての責任を果たさなければならない。どのような理由があれ、殺意に満ちた狂人には相応の重い制裁を与えることは人間社会に科せられた責務だ。


しかし本事件で気になるのはマスコミの報道姿勢だ。時事通信と中京テレビしか伝えているソースが見つからなかった。日中の会社の社内で同僚を殺害するというショッキングな事件にも関わらずだ。いったい隠したい意図でもあるのだろうか? 政治報道などマスコミの報道姿勢に大きな偏りを感じているだけに、本事件も胡散臭さも余計な感じてしまう。


関連リンク
愛知県警
飛島村(愛知県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 00:18コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング