埼玉


スポンサーリンク

2010年09月07日

埼玉県加須市諏訪1丁目のファミリーレストラン「デニーズ加須店」において、2010年9月6日午前10時20分頃、28歳の男が、同席していた59歳の男性を包丁で刺すと言う事件が発生した。
加害者の包丁男は止めに入った56歳の父親を複数回に渡って刺し、父親を殺害するに至っている。最初に刺された59歳の男性も逃がれたものの胸などを刺されており重体。
加害者と被害者たちは5人連れでボックス席に座っていたという。

なお加害者の男は埼玉県警加須署員によって現行犯逮捕されている。

関連ニュース記事
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/100906/stm1009062057009-n1.htm


日中のファミレスで起こった凄惨な事件で恐ろしいというしかない。残念ながら殺人容疑者の父親は殺害されるに至ってしまったものの、もう1人の被害者についてはなんとか命を取り留めてもらいたいものである。
確かに父親と息子、家族間の出来事ならばまだマシとも言えるのだが、今回のケースは誰もが気軽に利用する町のファミレスで起こった包丁を持ち出した流血殺人事件であるだけに、まったく許しがたい性質の事件言える。この町に、住民に与えた社会的な影響は計り知れないものがあるだろう。

そもそも包丁を持ち歩くような精神状態はその時点で普通ではない。大げさなことを言えば、このようなことが続くようでは町中に金属探知機が付けられ、購入した直後で厳重に包装された刃物以外を不自然に所持しているような場合は即逮捕可能にするなどの対策が必要になってくるかもしれない。



pat_news at 01:00コメント(1)トラックバック(0) 

2010年01月11日

2010年1月9日22時25分ごろ、さいたま市南区白幡の警備会社の事務所において、元従業員の60歳の男が元同僚の57歳の会社員の首をカミソリの刃(刃渡り5センチ)で傷つけるという事件があった。60歳の男は浦和署によって殺人未遂容疑で逮捕されている。

動機は再雇用を願い出たが断られたからだという。
容疑者は3日前まで勤務していたが、無断退職していたらしい。事件は再雇用願いと無断退職についての事情説明をしているうちに口論になり発生したという。その際、容疑者は酒を飲んでいたという。

なお被害男性は一週間の軽傷。


大きな地図で見る

関連する新聞記事は次の通り。
<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/100110/stm1001101744002-n1.htm


22時なんだから酒を飲んでいるのは仕方がないにせよ、そのような状況下で良く再雇用の願いに来るという図々しさと凄いとしかいいようがない。
そもそもたった3日前に無断退職していながら再雇用を願うというのも図々しいわけだ。
包丁やナイフを最初から持ち歩いていたわけではない点はマシとはいえ(カミソリの刃を持っているのは謎だが)、いずれにせよ首を斬るというのは悪質としか言いようがあるまい。

関連リンク
埼玉県警
さいたま市(埼玉県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 11:51コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月01日

11月28日午後1時5分ごろ、伊奈町寿3丁目のオートバイ関連会社「東京パーツ」において、約288平方メートルの鉄骨平屋の一部が燃え、焼け跡から男性の遺体が発見された。

県警捜査一課および上尾署は、その遺体の頭部に殴られたような陥没痕があることから、30日に殺人事件として捜査本部を設置するに及んでいる。

現時点の新聞報道などからわかる事件の情報については次の通り。
  • 遺体は床にうつぶせに倒れており、周囲に資材の燃えた跡がある
  • 「東京パーツ」社の詳細な経営実態などは不明
  • 「東京パーツ」社の社員関係者とも接触できていない
  • 「東京パーツ」社の経営者は49歳の韓国国籍の男。日本語が喋ることができる
  • 倉庫建物は今年5月に上記経営者の男が3年で賃貸契約(月額25万円)し6月から入居しているが、賃料を10月の分しか支払っていない
  • 上記賃料未払いの件で従業員とトラブルになっていた
  • 「東京パーツ」社は中古部品の輸出やバッテリーの販売をしていたらしい
  • 「東京パーツ」社の従業員5名ほどが出入りしていた。全員が韓国国籍と見られる。住み込みの者も含まれていた
  • 「東京パーツ」社は夜中に作業していることもあり11月頃には、たき火か何かは不明だが黒い煙が上がっていることもあった


大きな地図で見る

事件に関する新聞記事は次の通り。
<東京新聞>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20091201/CK2009120102000089.html
<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/091130/stm0911302155023-n1.htm


新聞記事情報をみると、「東京パーツ」という会社はどうにも胡散臭そうな会社としかみえない。

特に気になるのは「東京パーツ」従業員全員が失踪していることである。何らかの組織ぐるみの犯罪の臭いがするではないか。

そもそも殺害後、建物を焼くという稚拙ながら周囲の影響も考えない悪どい手段も許し難い。火災と聞くと証拠隠滅の手段としても頻繁に利用されることから、この倉庫そのものにも大きな秘密があったのではないかと疑わせるに十分である。近頃上がっていたという黒い煙の正体も突き止める必要性がある。

ただ被害者が韓国人の経営者の男なのか、それ以外の韓国人従業員の誰かなのか、それとも全く別の人間なのかも判別できないことには事件のあらましを把握することができないのも事実であろう。

今後の捜査経過に期待する。

関連リンク
埼玉県警
伊奈町(埼玉県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc



=========
続報(2009/12/31記す)

12月29日に殺人と現住建造物等放火の疑いの容疑で、韓国国籍の張(チャン)哲具(チョルグ)容疑者を逮捕したとのこと。

容疑者によると、仕事と金のことで恨みがあったということだ。

詳細なニュース記事は次からぞうぞ。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20091229-OYT8T00872.htm


pat_news at 11:16コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月17日

10月7日深夜から8日朝方にかけて、埼玉県入間市東藤沢2丁目の77歳の女性が殺害されるという事件が発生している。死体発見は12日。

死亡推定日は、7日の夕刊の存在と同時期に通過していた台風18号に関連すると思われる、犯人のものらしき土足跡から推測されている。

争ったあげくに殺害されたようで、頭部に殴られた跡があり、それが致命傷になっているとのことだが、凶器はまだ不明の模様。

本事件の特徴は次の通り。
・犯人と争った形跡があること
・現金は一万円札などが残されている一方で、空の財布もあったとのこと。
・銀行口座などからの現金引き出しはない
・侵入口と思われる台所の窓はクレセント錠だけを効率的に割られていること
・タンスがあけられているなど物色した跡がある。
・階段から土足の跡(運動靴の跡?)がみつかっていること
・近所の人の話では、見知らぬ男性が最近庭に潜んでいて堀を越えて逃げるのを発見したことが何度かあるらしい
・とりわけて金持ちの家というわけではないらしい
・割ったガラスがある雨戸を閉めるという事後工作もしている


大きな地図で見る

<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/091014/stm0910142001020-n1.htm

<東京新聞>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20091015/CK2009101502000108.html


恐ろしい強盗殺人事件である。
現在分かっている話では金持ちという噂もないようである。ひそかに自宅に現金を貯め込んでいるという噂がない以上は1人暮らしの老人を狙ったプロの空き巣だったのだろうか?
実際に、下見には何度か来ているという情報もある。
しかしながら財布が空になっているとはいえ、普通家庭には大金は置かないだろう。にもかかわらず明らかに放置した一万札がいくらかあったという話があると、よくわからなくなってくる。総計金額が少ない場合は少しでも持って行こうと考えるはずではないか?
ということは現在のところ話に出ていないだけで、大金のタンス預金でもあったのだろうか?

いずれにせよ、強盗という点では誰にでも起こりうる恐ろしい犯罪である。最低でも一階部分で侵入可能な窓の雨戸は確実に閉めておくか柵を設けておいた方がよいだろう。そして不審者を複数回見かけたならば、一層の防備体制を内外に示さなくてはならない。
国家間の話でもそうだが、家庭においても無防備宣言などは愚の骨頂なのだ。少なからず警戒の姿勢を見せることが犯罪抑制にも繋がることになるのだ。

それにしても本事件は台風通過中の真夜中の出来事であり、目撃者はおろか、音を聞いた人も今のところいなさそうであり、正確な犯行時刻もわからず、なおかつ死体発見が4日後と来ている。

証拠となりうる犯行に利用した鈍器や運動靴の行方を追う必要性がありそうだが、どうなるか?

もし犯人が殺害意思までは持たない空き巣だったとしたら、ぜひ自首をお勧めしたい。精神の重荷が大きく軽くなることは間違いないからだ。


関連リンク
埼玉県警
入間市(埼玉県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc






======================
容疑者特定の続報(2009/12/12追記)

11/24に自殺した被害者宅の近所jに住むタクシー運転手の津田祥二容疑者(死亡時61歳)が本事件の殺人容疑者として特定された模様だ。
決め手は血液のDNAだったという。

自殺したところを見ると罪の重さに耐えかねたのだろうか。不可解な殺人事件が解決したことは幸いという他はない。しかし近隣住民にとってはこの安心の報告であっても動揺は隠せないだろう。いつまでも忘れられない記憶になってしまうことは間違いない。
それにしてもタクシー運転手は凶悪事件の被害にあうことが多いという印象ではあったが、それでも誰もが加害者側になることもあるんだと再認識させられる事件の顛末だった。

殺人容疑者特定のニュース記事は次の通り。
<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20091210-OYT8T01510.htm



ちょっと不安を煽ることをいうと、
・殺人事件現場に落ちていた津田容疑者の血液に作為がなかったという証拠はないこと
・殺人事件が今回自殺した津田容疑者1人で行われたという証拠はないこと
といったところだろうか。


pat_news at 11:45コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング