密室


スポンサーリンク

2010年02月23日

2010年1月16日ごろ、河内長野市小山田町のマンションの一室において42歳の女性が殺害されるという事件が起こっていた。

女性は服を着たまま浴槽で水死しており蛇口の水も出っぱなしとなっており、この水漏れから親族が警察に通報し事件は発覚していた。

部屋は施錠されており、また鍵が室内から見つかるという密室状態だったが、上記の現場や財布や貴金属などなくなっているものがあることから事件と事故の両面から調査されていたが、2月19日になって強盗殺人容疑で23歳の城田修一を逮捕するに至っている。

容疑者は被害者に数万円の借金があったほか、消費者金融に60万円の借金があったという。容疑は認めており、金を借りにいくとなじられたのが大きな動機に繋がっているとのこと。日本酒を飲ませて酔ったところを一升瓶で殴ったなどと供述しているという。


大きな地図で見る

関連するニュース記事は次の通り。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&rel=j7&k=2010022000007



なにはともあれ、事故と処断せずに事件と見なして捜査を継続した成果が出たと言う点は喜ばしい限りだ。

しかしたったの60万程度の借金で、いや被害者に対するものはたったの3万円の借金で殺害してしまうとは憂慮せねばならない事態とは言える。これは金ではなく、それ以上に恨み辛みの類の方が大きかったのだろうか? いずれにせよ身勝手な故意の殺人者には言い訳は有り得ない。 謹んで罪に服すべきだろう。

ちなみに密室状態だった説明については新聞記事等を見る限りはよくわからなかった。

関連リンク
大阪府警
河内長野市(大阪府)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 00:20コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング