富山


スポンサーリンク

2010年02月15日

2010年2月13日21時半ごろ、黒部市内の民家において、24歳の孫が69歳の祖母を包丁で刺すという事件が発生した。

刺した孫が自ら黒部署に通報したため、そのまま殺人未遂容疑の現行犯逮捕となっている。なお刺された女性は首や顔を怪我して病院へ搬送されたが意識は明瞭という。

関連するニュース記事は次の通り。
http://mainichi.jp/area/toyama/news/20100215ddlk16040265000c.html


これまた家族間の包丁の殺人未遂事件である。
ニュース記事からは動機などもまるでわからないためコメントのしようがないが、いくら我を忘れるような事があったとしても、一般家庭における最大の凶器とも言える包丁を持ち出すのは我慢しなければこの手の事件は消えないのだろう。

関連リンク
富山県警
黒部市(富山県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 23:48コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月25日

12月23日9時15分ごろ、富山国際大学4年生の22歳の男が、富山県高岡市伏木国分の自宅において、学習塾経営者で61歳の父親を文化包丁で刺すという事件が発生した。

事件の判明している事実を箇条書きすると次の通り。
・母親が119番した結果、容疑者は高岡署に現行犯逮捕済
・容疑者は容疑を認めている
・事件の発生場所は自宅の玄関近くの廊下。父親が玄関から外に出ようとした時だった模様
・父親は後方から背中や腰などを数回刺されて重傷
・直前に容疑者の就職がまだ決まっていないことを巡って口論になっていた模様
・一家は三人家族

事件の新聞記事は次を参照すること。
<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20091223-OYT8T00981.htm


大きな地図で見る


殺人未遂で済んだことは僥倖とはいえ、包丁で後ろから刺すというのは通常では考えられないやってはいけない奇行であり大学生の息子が行った犯行は社会的にも重いものとならざるをえない。

動機は、記事にもあったが、このご時世だけに就職が決まらないことについて口論になったのだろうか? ただ経営状態は知らぬが学習塾を経営している父親がいるならば、まだ恵まれている方だったのか? 今後はまず罪悪を父親などへ謝罪し反省するなりして人生をやり直してもらうしかないだろう。

関連リンク
富山県警
高岡市(富山県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


pat_news at 01:37コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月09日

12月6日18時30分ごろ、富山県高岡市中島町の自宅マンションにおいて、49歳の男が35歳の妻の顔や右手を包丁(刃渡り十数センチ)で斬りつけるという事件が起こった。
妻と二人の子供は同じマンション内の知人宅に逃げ込んだため無事であり、男は自分自身で警察に110番したとのこと。
殺意を認めたため、男は殺人未遂容疑で逮捕されている。

容疑者は事件当時酒に酔っていたが、妻と口論をしたわけでもなく突然斬りつけたという。
また未確定情報だが、近隣住民によると、夫が勤務先を解雇されていたなどという噂もあるようだ。

<北日本新聞>
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20091207/28391.html


大きな地図で見る


未確定事項を前提にコメントするが、勤務先解雇のために、心中を図ったとでもいうのだろうか?
確かにもしマンションのローンが残っていて、貯金がほとんどないとしたら、これからの生活は厳しいものになったとは思うが、しかし何も言わずに刃物で斬りつける行為は狂気というしかない。

第三者的には殺人未遂で済んで幸いだったとしか思えないのだが、狂った夢が覚めたあとのこの容疑者は何を思うのだろうか。


関連リンク
富山県警
高岡市(富山県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


pat_news at 11:56コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング