尊属殺


スポンサーリンク

2009年12月26日

12月21日22時25分ごろ、長野県上田市真田町傍陽の自宅(木造二階建て)において、会社員の47歳の長男が、同居の母親(79歳)の首を絞めて殺害しようとした上に、放火して室内のタタミなど約3平方メートルを焼くという事件が発生した。

犯行に及んだとされる長男が119番したため、上田署がこの長男を殺人未遂および現住建造物等放火未遂の容疑で現行犯逮捕している。
なお母親は意識不明の重体ということ。


他の情報をまとめると次の通り。
・容疑者は両親と3人暮らし
・容疑者は以前は実家のキノコ栽培を手伝っていたが、数年前から会社勤めをしている
・母親は紐のようなもので首を絞められた跡がある
・容疑者自身も腕や足に火傷を負う重傷となっている

<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091222-OYT1T00613.htm
<信濃毎日新聞>
http://www.shinmai.co.jp/news/20091222/KT091222FSI090008000022.htm


大きな地図で見る



動機がよくわからないが、老いた母親の首を締めた上に放火。しかもなぜか自分の重傷の火傷を負い、自ら119番に連絡するという何とも目的が見えない事件としか言いようがない。
この事件でやってはいけなかったのは次の2件なのは言うまでもない。
・首を絞めてはいけない。
・家に火を付けてはいけない

逆に唯一の良かった行動は、全てが明確に灰燼に帰す直前に、自ら119番したことだろう。
悔いても犯した結果は何も帰ってこないが、それでも最低限の人間らしい行動を取れたことに何かの救いが生じることを祈るしかない。

関連リンク
長野県警
上田市(長野県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 01:58コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月25日

12月23日9時15分ごろ、富山国際大学4年生の22歳の男が、富山県高岡市伏木国分の自宅において、学習塾経営者で61歳の父親を文化包丁で刺すという事件が発生した。

事件の判明している事実を箇条書きすると次の通り。
・母親が119番した結果、容疑者は高岡署に現行犯逮捕済
・容疑者は容疑を認めている
・事件の発生場所は自宅の玄関近くの廊下。父親が玄関から外に出ようとした時だった模様
・父親は後方から背中や腰などを数回刺されて重傷
・直前に容疑者の就職がまだ決まっていないことを巡って口論になっていた模様
・一家は三人家族

事件の新聞記事は次を参照すること。
<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20091223-OYT8T00981.htm


大きな地図で見る


殺人未遂で済んだことは僥倖とはいえ、包丁で後ろから刺すというのは通常では考えられないやってはいけない奇行であり大学生の息子が行った犯行は社会的にも重いものとならざるをえない。

動機は、記事にもあったが、このご時世だけに就職が決まらないことについて口論になったのだろうか? ただ経営状態は知らぬが学習塾を経営している父親がいるならば、まだ恵まれている方だったのか? 今後はまず罪悪を父親などへ謝罪し反省するなりして人生をやり直してもらうしかないだろう。

関連リンク
富山県警
高岡市(富山県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


pat_news at 01:37コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月13日

12月11日13時ごろ、東京都世田谷区三軒茶屋2丁目の自宅マンションにおいて、66歳の長男が93歳の母親を後から首を絞めて殺害するという事件が発生した。

母親は認知症で足腰も弱く介護に疲れたこと、そして将来を悲観したことが動機だという。容疑者と被害者は二人暮らしだった。

なお容疑者は殺害数時間後に自ら世田谷署に110番したため既に殺人容疑で逮捕済である。

関連する新聞記事は次の通り。
<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091211-OYT1T01344.htm
<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091211/crm0912112311033-n1.htm


大きな地図で見る



この手の事件も随分増えてきた印象だ。
長生きが不幸を呼ぶというのは悲しいものである。

生命は人類皆平等というが、生活能力がありなおかつ生命の執着を持つ者が長生きしても幸福のままだとは思うが、生活能力がなく、なおかつ生命に対する執着を持たない者が長生きしても不幸になりかねないというのが厳しい現実と認識する必要があるのだろう。

どうにか皆幸福な長寿を願うというのは誰もが考えはする祈りのようなものなのだろうが、それを具体化する手段を誰も思い浮かべることができない。
その時点でその祈りが都合良く叶う道理は全くないのだ。祈りが叶っていくプロセスすら想像出来ないようではどうにもならないのである。


関連リンク
警視庁
・[PC版]世田谷区(東京都)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc・
・[携帯版]パッと世田谷区(東京都)の安全(犯罪)情報


pat_news at 11:09 

2009年12月09日

12月7日午後2時5分ごろ、大阪市城東区天王田の59歳の男が母親を殺したといって城東署に自首した。
警察官が自宅を調べると82歳の母親が殺害されていたため、男を殺人容疑で逮捕した。
6日ごろ、病気の母親を楽にするために殺したという。殺害方法は電源コードで首を絞めたり、果物ナイフで胸を数回刺すなどであった。
容疑者と被害者の母子は二人暮らしであり、容疑者が一年前から無職になり生活が厳しかったという。

<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091208/crm0912080017001-n1.htm


大きな地図で見る


貧困が招いた殺人事件である。
夫婦を除いた家族間の殺人事件には大きく分けて3種類あると思っている。
  1. 遺産や保険金など大金を狙った殺人
  2. 貧困による心中くずれの殺人
  3. 喧嘩や口論から発展した殺人
今後の動機調査などにもよるが、本事件について2の可能性も高そうだ。
同じ2でも子供や配偶者を殺害した場合は容疑者に同情することは難しいが、老いた母親殺害となると殺人容疑者相手とはいえ一方的に非難しがたい心情となる。


関連リンク
大阪府警
大阪市(大阪府)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 11:31コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月05日

人気ブログランキングへ ←まずはランクアップのためにクリックのご協力をお願いします。

12月2日午後6時50分ごろ、横浜市青葉区元石川町の自宅において、24歳の住人の男(今野正充容疑者)が70歳の祖母の首をマフラーで絞めて殺害するという事件が発生した。

今野容疑者は殺害後、横浜市緑区の交番に自首しているため、既に殺人容疑で検挙済である。

動機として、今後の生活について祖母との意見が合わなかったことを挙げているらしい。

なお11月25日には45歳の母親も今野容疑者の暴行の直後に急性心不全を起こして死亡しているが、司法解剖も行わた結果、因果関係はないと判断されている。

家族は容疑者および死亡した祖母、母の3人のみだった。


大きな地図で見る

事件に関する新聞記事を挙げておく。
<東京新聞>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009120302000225.html
<時事通信>
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009120300361



容疑者が自首したこと、そして直接の被害が家庭内に集約されているという点だけにおいては、数ある殺人事件の中で比較が許されるならば、マシな部類とも取れる。

だが、一方では、あまりにもあんまりな事件というしかない。なんという身勝手さだろうか。若さがなぜ最悪の方向に向いてしまったのか。自ら家族を全員不幸にし天涯孤独になってしまった。

容疑者はこれから罪を償うことになるのだが、償うべき遺族の類も自分の家族もなく果たして償うために生きていくことができるのだろうか。
それも懲罰だといえばその通りなのだが、懲役10年程度になると考えられるため、容疑者の懲役満了後が心配にもなるのだ。


関連リンク
神奈川県警
横浜市(神奈川県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc



===============
続報(2009/12/31記す)
12月31日午前5時ごろ、この殺人事件のあった住宅が全焼してしまった。
現在無人でだれも住んでいないため放火の疑いが強そうだ。

ニュースのあらましは次のリンクからどうぞ。
<日テレニュース>
http://news24.jp/articles/2009/12/31/07150734.html

pat_news at 00:53コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング