心中


スポンサーリンク

2010年02月01日

2010年1月24日、兵庫県宝塚市湯本町の自宅マンションにおいて38歳の次女が殺害されているところが発見された。発見したのは長女だった。
そしてその同日、大阪市内のホテルで母親(66歳)が心中を示す遺書を書いた上で睡眠薬を飲んで倒れていたところを発見された。

兵庫県警宝塚署は1月29日になって、この母親を殺人容疑で逮捕となった。容疑も認めているという。

容疑者の母親と次女は12年間二人で暮らしていたといい、10年前から次女の病気で悩んでいたという。


大きな地図で見る

関連する新聞記事は次の通り。
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0002676488.shtml


病気で悩んでいた娘を心中で殺害し、自らも睡眠薬を飲んで自殺を図った事件であり、殺害方法や睡眠薬の量などハッキリした情報がないことを勘案しても同情すべき点は多いように見受けられる事件である。

ただ宝塚市内の中心部で発生した事件なだけに、多くの人に直接的、間接的な衝撃与えたのは間違いないだろう。

それにしても同じ殺人事件でも全く異なるのが現状なのだ。裁判員制度で殺人事件を裁くことになったにせよ、まったく対応方法なども異なってくるのも間違いない。

関連リンク
兵庫県警
宝塚市(兵庫県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 01:46コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月26日

2010年1月25日午後4時前ごろ、大阪市淀川区十三東1丁目の自宅において男が妻と子供2人を殺害するという事件が起こりました。
供述や自害をしようとした形跡があることから心中を図ったが自身だけ死にきれなかったということです。
供述によると株取引失敗などで500万円の借金があったことが動機ということ。



大きな地図で見る

関連する新聞記事は下記の産経新聞の記事です。



あまりにも悲惨な事件である。 たった500万円の借金(たったというには多いが一家心中するほど追い込まれる額とは思えない)で妻と2人の子供を殺害してしまうと言うのは、あまりにも身勝手であり、同情は難しい。
まして自分は生き残っているのだから尚更である。
子供2人には何の落ち度もなかったのは言うまでもないことであり、他のやり方を模索したのかどうかが問い詰めたくもなってくる。

関連リンク
大阪府警曾根崎警察署
大阪市(大阪府)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 12:27コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月10日

12月9日23時50分ごろ、京都市中京区西ノ京馬代町の自宅マンション(「ウエストハウス」306号)において、マンション住人の京都府税務課非常勤職員・山崎博美容疑者(40歳)と、山崎容疑者の妹で同居人の無職・田中和代容疑者(35歳)が共謀して、70歳の父親と19歳の山崎容疑者の娘に対して、睡眠薬を飲ませた上で押し入れの新聞紙に火を付けて放火するなどして殺害しようとする事件が発生した。

幸い未遂に終り、被害者二人は軽傷とのことであり、また既に堀川署が二人の容疑者を殺人未遂および現住建造物等放火容疑で逮捕済である。

山崎容疑者は容疑を否認しているが、田中容疑者は共謀による容疑を認めているという。

二人の容疑者は手首を斬っており一家心中を図ったともされているが、動機の詳細は現在の所よくわかっていないため、今後の取り調べが待たれる。

事件についての新聞記事は次の通りである。
<京都新聞>
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009121000093&genre=C1&area=K00
<産経新聞>
http://www.sankei-kansai.com/2009/12/10/20091210-018114.php


大きな地図で見る



よくわからん事件である。
70歳の父親と19歳の娘を巻き添えにした無理心中というのも珍しいケースではないだろうか。しかも40歳と35歳の姉妹によってなのだから驚くばかりだ。

ただ心中か殺害かどちらもしても、マンションを燃やして実行する方法はまったく悪質極まりないと言わざるをえない。どのような隠れた動機があったとしても、この点についてはまったく同情の余地はないと言える。
他の住民に対する殺人未遂が加わっても弁明できないのではないか。306号室ということは住民の数は相当数に上るに違いない。

京都府税務課という職業も気になる。動機に絡んでなければいいが。


関連リンク
京都府警
京都市(京都府)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


pat_news at 23:58コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月24日

11月23日未明、兵庫県加古川市加古川町備後で40歳の妻と6歳の娘を絞殺されると言う事件が起こった。

容疑者は夫であり23日午後14時15分には自首してきている。何でも心中するつもりで妻子を殺害したはいいが自分は死ぬことは出来なかったということで、手首には刃物で付けた傷跡があるという。



事件に関する新聞記事は次の通り。
<朝日新聞>
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200911240027.html
<読売新聞>
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091124-OYO1T00224.htm?from=main3


大きな地図で見る
厳しいことを言うようだが、心中するつもりで家族を殺しておきながら自身は死ねないというのは、まったく身勝手な犯行と言わざるを得ない。

むろんこの民主党政権による日本不況の中で極限まで追い込まれてしまったという状況はあるんだとは思うが、幼い娘を含む家族を殺しながら自身を殺せないというのは正直理解しがたい。
いったい何があったのかはわからないが、心中というのも全く相談もしない単なる殺害だったと疑われても仕方が無いとしか言えまい。

まったくもって悲しい事件である。唯一の救いを探すとすれば、赤の他人を巻き込まなかったことだけだが、それでも小学生低学年の同級生たちには深い傷を残し、またやるせなさが消え去るわけでもないのだ。

関連リンク
兵庫県警
加古川市(兵庫県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 23:23コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング