愛知


スポンサーリンク

2010年01月22日

2010年1月20日23時ごろ、愛知県豊橋市雲谷町において、63歳の女性が死亡しているのを見つけた同居の次男(38歳)から119番があった。

豊橋署が駆けつけたところ、被害女性は玄関近くの廊下で倒れており、頭には鈍器で殴られたような跡があり、頭からは血が流れていた。現在詳しい死因などを調査中とのことだ。

なお、被害女性と次男は二人暮らしだった。


大きな地図で見る

関連する新聞記事は次の通り。
<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100121-OYT1T00219.htm


情報が少なすぎるため、現状なんともいえない事件だ。
今後の捜査状況を待つ必要があるだろう。

それにしても近所で殺人事件が発生した場合の近隣住民の動揺はいかほどのものか。この点でもいち早い解明を望むばかりである。


関連リンク
愛知県警
豊橋市(愛知県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc





pat_news at 09:59コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月19日

2010年1月17日未明の1時10分頃、愛知淑徳大学三年生の21歳の男が、愛知県知多市南粕谷本町の自宅台所において、テレビを見ていた弟(20歳。別の大学の一年)の背中を包丁で刺すという事件が発生した。
母親が119番し、被害者は病院へ搬送されている。重傷と見られるが命には別状はないとのこと。
愛知県警知多署はこの刺した男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕している。

容疑者の供述によると、以前年下からいじめられた経験があり、年下全体を嫌っていたということ。弟とも八年間口を聞いていないらしく疎ましく思っていたという。
なお加害者の家族には被害の弟以外には姉と両親がおり、同居していた。


大きな地図で見る


関連するニュース記事は次の通り。
<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100117-OYT1T00210.htm


普通に意味がわからない事件。年下全体が嫌いだというが、それでまともに大学生活を送れるものなのかが謎としかいいようがない。

しかし本当に単純に年下嫌いで常に殺意を抱いているような病があるから弟を刺してしまったのだとすれば、徹底的に治すまでは社会復帰すべきではない。
今回は実の弟でかつ殺人未遂で済んだので幸いだったとも言えるが、その病があるという自覚があるならばエスカレートしないともいいきれないだろう。それは本人にとっても社会にとっても不幸だ。


関連リンク
愛知県警
知多市(愛知県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 01:23コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月09日

11月6日午後10時半すぎ、愛知県小牧市岩崎5丁目の自宅において、75歳の夫が77歳の妻の首を布製のサポーターのようなもので絞めるという事件が発生した。

自ら110番し警察を呼んだのだが、駆けつけた警察官が呼びかけると妻が意識を取り戻した。夫は殺人未遂容疑で現行犯されている。

動機は認知症の妻の介護に苦労したからだという。

事件に関する新聞記事は次の通り。
<朝日新聞>
http://www.asahi.com/national/update/1207/NGY200912070001.html

大きな地図で見る

これも介護問題が招いた悲劇である。殺人未遂事件で済んだのは幸いだったのだが、問題が何か解決したというわけでもない。まったく全国的に増加すること間違いない事例なのだろう。


関連リンク
愛知県警
小牧市(愛知県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


pat_news at 00:09コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月05日

人気ブログランキングへ ←まずはランクアップのためにクリックのご協力をお願いします。


12月3日午後1時半頃、愛知県飛島村新政成にある製鋼会社の会社事務所内において、竹尾昌樹容疑者(29歳)が持っていたナイフ(刃渡り10.5センチ)で、同僚の男性社員(39歳)の首や背中を刺し殺害するという事件が発生した。

近くにいた同僚三名が取り押さえたが、刺された同僚の男性社員は病院に運ばれたが夕方には死亡した。

なお竹尾容疑者は殺人容疑で蟹江署に現行犯逮捕されている。竹尾容疑者は殺意を認めている一方で悪口を言われたなどと意味不明なことを語っているらしい。


大きな地図で見る

事件に関するニュース記事を挙げておく。
<時事通信>
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-091203X644.html
<中京テレビ>
http://www.kry.co.jp/news/news8624871.html


本事件は、日本一金持ちの地方自治体の収入源とも言える沿岸部の工業団地内で発生した凄惨な殺人事件である。

社内でいきなりナイフで同僚社員を殺害するというのは全く想像も出来ない阿鼻叫喚の世界である。

そもそも有り得ないのが、なぜナイフを持ち歩いているのか、という点だ。意味不明な動機をみるに、狂気のような被害妄想にとらわれていたとも安易に想像が付くが、当然、精神が異常だったで済ませられる問題ではない。殺人容疑者は被害者、被害者の家族、会社、地域社会に対しての責任を果たさなければならない。どのような理由があれ、殺意に満ちた狂人には相応の重い制裁を与えることは人間社会に科せられた責務だ。


しかし本事件で気になるのはマスコミの報道姿勢だ。時事通信と中京テレビしか伝えているソースが見つからなかった。日中の会社の社内で同僚を殺害するというショッキングな事件にも関わらずだ。いったい隠したい意図でもあるのだろうか? 政治報道などマスコミの報道姿勢に大きな偏りを感じているだけに、本事件も胡散臭さも余計な感じてしまう。


関連リンク
愛知県警
飛島村(愛知県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 00:18コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月05日

11月2日の午後3時45分頃、名古屋市中区栄の繁華街の路上にて、飾り窓を見ていた21歳の大学生の男性が、突然つばを吐きかけられた上に金属バットで頭部などを5回ほど殴られるという事件が発生した。

幸い命に別状は無いとのことだが、被害者は頭部や腕を折る3ヶ月の重傷を折っている。
また犯人は殺人未遂容疑で検挙済であるが、名古屋市瑞穂区に住む31歳の四日市税務署職員であった。暴行は認めているが殺意は否認しているとのこと。
金属バットは専用ケースに入れて持ち歩いており、また被害者とは一切の面識はなかったらしい。「俺はインフルエンザだ」といって殴りかかったという。

なお、税務署同僚の話によると、昨年の勤務中にも意味不明な言動が確認され上司からも診療を勧められたが受けなかった模様で、その後はまともに業務をこなしていたらしい。


大きな地図で見る

本事件に関する新聞記事のリンクは次の通り。
<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091103-OYT1T00135.htm?from=y10
<47ニュース>
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009110301000260.html


いわゆる無差別殺人という、もっとも憎むべき事件に発展せずに安堵せずにはいられない。
とはいえ、たまたま刃物ではなく、金属バットを所持していて、なおかつ金属バットで頭などを5回も殴られたのに、奇跡的に殺害されずに済んだというのに過ぎないことは重い事実である。
被害者には全く何一つとして落ち度はなかった。

意味不明な言動をもとに罪を軽くするような事をもしするならば、見逃した同僚等の責任が非常に重いものとならねばなるまい。
少なくとも組織内において、精神を病んだと認められる者がいた場合は強制的にでも病院へ連れて行けるようにしなければならないと考える。

ましてや今回の事件についてはなぜか金属バットを持ち歩くという異常行動をしている。もちろんナイフじゃなくて良かったという点もあるんだが、もしこの金属バットを持ち歩くというのが、この日に限らず習慣的に行われているもので、同僚なり家族なり誰かこの事実を認識している者がいるとしたら、その人物は相当な罪を抱えるべきだと言わねばなるまい。

精神を病んだら罪が軽くなると弁護方法が近年あまりにも目立ちすぎる。そしてこのような事件の場合は赤の他人に対する悲惨な事件が多すぎる。
精神疾患者に寛容な社会を作り上げることが理想ならば、精神疾患者に対する管理責任についても厳格にせねば、社会責任を果たしているとは言えないだろう。

とにかく本事件については不幸中の幸いで良かったとしかいえない。


関連リンク
愛知県警
名古屋市(愛知県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc
・関連ブログ記事1(http://matane2009.jugem.jp/?eid=156)
・関連ブログ記事2(http://kabutoushika.blog65.fc2.com/blog-entry-305.html

pat_news at 01:33コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング