掛川署


スポンサーリンク

2010年02月24日

2010年2月24日午前2時25分ごろ、掛川市宮脇のアパート室内において、35歳の妻が血まみれで仰向けになって死亡しているのが、42歳の夫の通報で駆けつけた救急隊員によって発見された。

静岡県警掛川署によると、夫が殺人を供述し、自身も刺したと話しているとのこと。夫の首や手首には切り傷があり、何らかの原因で妻を殺害し、自身も自殺を図ったものと思われている。凶器は包丁だった。

なお、別の部屋には3人の子どもが寝ていたが、怪我などはない。


大きな地図で見る

関連するニュース記事は次の通り。
静岡新聞:http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20100224000000000049.htm


結婚していて3人の子どももいる。端からみると幸福な家庭にも見えるのだが、よもやの夫が妻を殺害するという大惨事になってしまうとは、誰が想像し得るだろう。
いかに普段と変わらぬ日常というものが幸福に満ちているかを如実に表しているのかもしれない。
この家族には二度とやってこない過ぎ去った日々なのだ。誰もが多かれ少なかれ感じる、この日常の幸福。
本事件においてはそれがあまりにも衝撃的な形で終えてしまうというのは残念な限りとしかいいようがない。子どもたちの今後も気に掛かるところだ。

関連リンク
静岡県警
掛川市(静岡県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


pat_news at 23:32 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング