放火殺人


スポンサーリンク

2009年12月24日

12月20日午前4時ごろ、北海道室蘭市港南町2丁目の元市職員沼田秀男さん宅から出火し、焼け跡から住人夫婦(夫68歳、妻70歳)と思われる遺体が発見された

夫婦の遺体には頭に殴られた跡があるため殺人事件となりそうな案配だ。

事件の概要は次の通り。
  • 夫婦は二人とも頭を殴られた跡(頭蓋骨陥没)があり、殺害後に放火した模様。
  • 出火規模は邸宅の1階部分50平方メートル。
  • 夫の遺体は寝室で発見された。
  • 妻の遺体は居間で発見された。
  • 被害者の長男(37歳)の着衣に本人のものではない多量の血痕が見つかっているため重要参考人と見なされている。
  • その長男は火傷を負っているため入院しているため、回復を待って事情聴取が予定されている模様。
  • 室内には油がまかれた痕跡があり、ポリタンクもみつかっている


  • 関連する新聞記事は次の通り。
    朝日新聞
    読売新聞

    大きな地図で見る

    この長男が犯行に及んだのかどうかは現在のところ即断することはできないのでコメントにも憂慮するが、 いずれにせよ、2人に対する殺人だけに飽きたらず、油をまいた上での放火まで行ったと言う点は非常に悪質残忍な犯行と言わざるを得ない。

    証拠隠滅を図ったとでもいうのだろうか?

    いずれにせよ長男への聴取など今後の調査を待つ必要があるだろう。

    関連リンク
     ・北海道警察
     ・室蘭市(北海道)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


pat_news at 01:13コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング