赤の他人


スポンサーリンク

2010年03月29日

2010年3月26日22時30分ごろ、東京都福生市のJR福生駅前において、金子正樹容疑者(25歳)によって、22歳男性が殺害されるという事件が発生した。

警視庁捜査一課と福生署は殺人容疑で金子容疑者を逮捕している。金子容疑者は容疑を否認している模様だが、被害者と一緒にいた友人が目撃していた。

金子容疑者は被害者とは面識はなかった。突然乗用車に乗っていた金子容疑者が乗用車から降りて刃物で刺してきたという。その後金子容疑者は乗用車に乗り逃走したが、被害者の友人がその車種とナンバーを記憶していたことから素早い逮捕となった。

大きな地図で見る
関連する新聞記事は次の通り。
東京新聞:http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010032702000208.html


これはもっとも忌むべき殺人である。これは被害者には何ら落ち度はない。それどころか赤の他人のようである。まったく一体なぜ殺害されたのかも認識できぬまま死んでいったに違いない。

それは突然の事故も同じではないかというかも知れない。
だが、これは刃物で刺すという明確な殺意を伴うしかありえない事件なのだ。けっして運が悪かったで済む問題とはまるで問題のレベルが違う。

今後、同じような被害者が出るのを防止するためにも、容疑者には徹底的な厳罰を処すべきというしかないだろう。

とにかく赤の他人を刃物で刺すような人間は害悪以外の何者でもない。回復の見込みがあるレベルの殺人未遂ならばまだ許されようが、殺人では話にもならない。それでも死刑にならない社会ということならば、せめてこの行為を悪どさと惨さを徹底的にたたき込んだ上で、最低でも自身の悪魔の所業を自覚し深く反省するようになるくらいにならない限りは、社会復帰はさせるべきではない。そうでなければ同じ悲劇が行われるだけだろう。




pat_news at 00:21コメント(1)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング