遺棄


スポンサーリンク

2010年03月06日

2009年11月5日に神戸市北区山田町の容疑者自宅において、74歳の清水邦三容疑者が同じ県営住宅に住む71歳の男を殺害したとして、清水容疑者が2010年3月5日に兵庫県警神戸北署捜査本部に再逮捕された。

清水容疑者は既に兵庫県淡路市山中に遺体を切断した上で遺棄した罪で、死体損壊、死体遺棄容疑で逮捕されていた。
容疑者は被害者に多額の借金がありそれが動機に繋がったという。

関連ニュース記事は次の通り。
神戸新聞http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0002760603.shtml

借金トラブルがいかに恐ろしいものかよくわかるだろう。
金は貸すのは極めて危険である。貸すのではなく投資と考えることができないならば貸すべきではないのだろう。借りる方も投資されたと感じるべきなのだ。それができないならお金のやり取りはたとえ友人であっても慎むべきというか止めなければならない。

この事件のような極めて残忍無慈悲な行為は許されるべきではない。淡路島に遺棄する意味もわからない。

pat_news at 01:23コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月02日

大阪府阪南市新町のガレージにおいて、2004年12月に失踪行方不明になっていた繊維製品販売会社元社長の浅井夫妻(74歳および73歳)の遺体が見つかった事件に関連して、2009年11月27日、浅井さんの自動車および腕時計を盗んだ窃盗罪でガレージの元借り主だった42歳の建設作業員の男が逮捕された。

窃盗罪容疑者は自動車をガレージを入れたこと、そして腕時計を質屋で40〜50万に換金したことは認めているものの、窃盗そのものについては否認しているとのことである。

本逮捕は重要な関係者としか考えられないほど情況証拠が揃っているが、現時点ではまだドラム缶殺人に直接絡むものとは断定できないため、今後の捜査が注目される。


大きな地図で見る

関連する新聞記事を挙げておく。
<朝日新聞>
http://www.asahi.com/national/update/1127/OSK200911270044.html
<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091127-OYT1T00005.htm


5年前に発生した残忍な強盗殺人事件である。ただいまだに血痕や凶器などの証拠品がガレージ内の自動車に残っているという特異な面も併せ持っている。

この窃盗容疑者が重要な関係者かどうかは予断を許さないところだが、証拠が数多く残っているだけに決定的なものも残っていると期待したい。

他人を金銭目的で殺害し、遺棄するなどという行為はもっとも唾棄すべき犯罪に数えられる。なんとしてでも事件解決を期待するばかりだ。


関連リンク
大阪府警
阪南市(大阪府)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 13:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月30日

11月15日、建設会社経営の被害者(51歳)に対し手足を縛った上で殴る蹴るの暴行および鈍器で頭を殴るなどして殺害した容疑で、中山勇容疑者(45歳)と落合澄男容疑者(45歳)が逮捕された。
すでに死体遺棄罪で逮捕済であり、再逮捕となる。
なお、殺意については否認しているとのこと。

事件は坂東市山の中山勇容疑者の自宅で被害者を殺害し、その後、八千代町栗山の八千代病院敷地内に死体を遺棄したというものであり、遺体はトラック内から見つかっている。


大きな地図で見る

事件に関する新聞記事にリンクしておく。
<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/ibaraki/091126/ibr0911261857006-n1.htm
<FNNニュース>
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00167335.html



一方的に殴りつけ殺害してしまうと言うその手口には同情の余地は感じられない。しかも死体遺棄である。

この事件はまったくもって無計画としか言えないほどずさんである。遺棄するにしても町中のある病院敷地内でトラックに放置とは意味がわからない。なにか突拍子もない隠された意図があるとも思えない。

このような支離滅裂で意味不明な加害者に、一方的に暴殺されてしまった被害者があまりに気の毒としか言いようがあるまい。

今回のような事件を見ると、殺害事件を減らすにはやはり厳罰化および禁固環境の劣悪化しかないと改めて思わせられるのだ。

関連リンク
茨城県警
坂東市(茨城県)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc

pat_news at 11:55コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月08日

2007年11月下旬頃に当時21歳の室蘭市の男性(室蘭市内の機械設備会社勤務)の死体を登別市のオロフレ峠山頂付近の山林に遺棄したとして、北海道警は2009年10月、二人の27歳の男(高坂勇輔容疑者と記内裕充容疑者)を死体遺棄容疑で逮捕していたが、どうやら殺人容疑に切り替える模様である。

情報をまとめておくと、以下の通りである。
・高坂容疑者は被害者の会社(室蘭市内の機械設備会社)の先輩だった
・高坂容疑者は被害者失踪後に会社を無断欠勤するなどで行方知れずとなっていた
・高坂容疑者と記内容疑者は遊び仲間
・被害者の遺体は頭蓋骨や下半身の骨など一部しか見つかっておらず死因は不明
・二人の容疑者は被害者に激しい暴行を加えていたらしい
・二人の容疑者が殺人容疑を認めているかは現状わからないが、死体遺棄容疑は認めているらしい


大きな地図で見る


関連する新聞記事は次の通り。
<産経新聞>
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091107/crm0911071148011-n1.htm
<北海道新聞>
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/198642.html


何にせよ恐ろしい事件だ。会社の同僚を殺して山中深くに埋めてしまうという発想が普通じゃあ理解不能としかいえない。

いったいどのような動機があれば、そのような凄惨なことができるのだろうか? どのような勝手な事情があったのかはわからないが、複数人による殺人遺棄、誰がどうみても同情の予知は全くゼロとしか思えないではないか。

それにしても、このような凶悪な犯罪者が更正できる可能性はいかほどあるのだろうか?これで懲役15年だとすれば40歳過ぎくらいで戻ってくることになるわけだが、その後放置というのはあまりにも無責任ではないか。社会的にいろいろな面で不備だらけとしか思えない。


関連リンク
北海道警
登別市(北海道)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc


pat_news at 02:09コメント(6)トラックバック(0) 

2009年10月19日

10月16日、京都府宇治市宇治大谷の遊歩道に面した草むらで姫路市の52歳の遺体が見つかった。

新聞記事から分かる情報をまとめると次の通り。
・死因は首の骨折による窒息死という。
・顔や上半身などに殴られた跡がある。
・現場には争った形跡はないため、殺害後に遺棄したものと推測される
・死亡推定時刻は15日夜から16日未明
・先月、自宅アパート(1人暮らし)において金銭トラブルがあり、警察も出動する騒ぎになっていた。(証言等によると借金していた側とのこと)


大きな地図で見る

<読売新聞>
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091018-OYO1T00237.htm?from=main2

<MBS毎日放送>
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE091018154400287523.shtml


この記事からわかることは借金を抱えていた姫路市の男性がどこかで殺害され、宇治市に遺棄されたという残忍な事件が判明しただけである。

そもそも借金していた側が殺害される場合で、しかも保険金詐欺や臓器売買などにも利用されなかったという現時点の情報からすると、金貸し側が殺害するというメリットは感じられない。

ということは借金取り立ての最中、殴っていたら誤って殺害してしまったのだろうか? だから捨てた?
鈍器のようなもので殴った跡ということから、拳で殴った拍子に、地面に倒れて固いもので頭を強打して不意に殺してしまったという可能性も否定はできないだろう。
死体遺棄の手法にしてもあからさまにすぐ見つかる地点で遺棄していることからも、深い計画があるようには思えない。

犯人に告げることは自首すべきと言うことだけである。すぐさま自首すれば、借金取り立て方法に暴力があったとしても、殺意までは否定できる可能性はありうるだけに、死体遺棄という重い罪が加わったとしても、その罪は一定程度軽減されることが期待できる。

誰にだって、人を殺害してしまうという現実に直面する可能性は否定できない。しかしその後に行う行動次第で、罪が100倍にもなるし、1倍のままで済む場合があることを肝に銘じておくべきであろう。


関連リンク
宇治市の死体遺棄事件を扱った他のブログ記事
京都府警
宇治市(京都府)の安全情報:火災,交通事故,犯罪etc



==============
09/10/24追記
京都新聞(http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009102400025&genre=C1&area=K00)の記事によると、被害者と同居していた20代の男が無免許運転で捕まり、その男の車に何らかの血痕が見つかったとのことである。本事件に関係性について現在鑑定中とのことだ。

なお、この20歳代の同居人の男が金銭トラブル相手でもあるらしい。


pat_news at 12:42コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
スポンサーリンク
最近のコメント
ブログランキング